読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LXLE eXtra Luxury Edition on VMware Workstation 12 Pro

インストールに使用しましたISOファイルは、lxle_16_04_2_64.isoです。

 

日本語入力システムの構築について

Fcitx Mozcが利用できます。

メニュー → コントロールメニュー → 言語

Input method 「Fcitx Add support for Fcitx」をクリックして、Download & Installします。

 

Applicationsのインストールについて

メニュー → コントロールメニュー → ソフトウェア → Synapticパッケージマネージャ

chromium, firefox, mutt, thunderbird, leafpsd, lxterminal, mate-terminal, xfce4-terminal, open-vm-tools, libreoffice-help-jaをインストールしました。

 

LXLE eXtra Luxury Editionのスクリーンショットです。

https://cdn.scrot.moe/images/2017/04/10/Screenshotat2017-04-1020_25_22.png

https://cdn.scrot.moe/images/2017/04/10/Screenshotat2017-04-1020_24_34.png

 

Fedora Xfce on VMawre Workstation 12 Pro

インストールに使用しましたISOファイルは、Fedora-Xfce-Live-x86_64-25-1.3.isoです。

 

日本語入力システムの構築について

IBusかな漢字変換が利用できます。

設定を編集します。

user & ibus-setup

 

Applicationsの削除とインストールについて

user & sudo dnf remove claws-mail abiword

user & sudo dnf istall chromium mutt thunderbird

 

Muttの設定について

user $ sudo mkdir -p ~/.mutt/cache/headers

user $ sudo mkdir ~/.mutt/cache/bodies

user $ sudo touch ~/.mutt/certificates

user $ sudo touch ~/.mutt/muttrc

 

user $ sudo nano ~/.mutt/muttrc

 

set ssl_starttls = yes

set ssl_force_tls = yes

set imap_user = ‘user_name@e-nautia.com’

set imap_pass = ‘password’

set from = ’user_name@e-nautia.com’

set realname = ’Usuha Emochi’

set folder = ‘imaps://imap.e-nautia.com/’

set spoolfile = ‘imaps://imap.e-nautia.com/INBOX’

set postponed = ‘imaps://imap.e-nautia.com/[e-nautia.com]/Drafts’

set header_cache = ‘~/.mutt/cache/headers’

set message_cachedir = ‘~/.mutt/cache/bodies’

set certificate_file = ‘~/.mutt/certificates’

set smtp_url = ‘smtps://user_name@e-nautia.com:password@smtp.e-nautia.com:465/’

set move = no

set imap_keepalive = 900

 

Fedora Xfceスクリーンショットです。

https://cdn.scrot.moe/images/2017/04/06/2017-04-06_22h28_45.png

https://cdn.scrot.moe/images/2017/04/06/2017-04-06_23h00_20.png